視力

レーシック手術の種類

レーシックとは、角膜屈折矯正手術の一種です。
普通、レーシックの手術方法は、[レーシック手術について]でも説明しましたが、目の表面の角膜を薄くスライスして、フラップという蓋を作り、その後、角膜実質層を一部削り角膜の曲率を変えフラップを元に戻します。

角膜にフラップを作るには、大別して、ふたつの手術方法があります。
マイクロケラトームとフェムトセカンドレーザーです。
こちらレーシックで視力が回復する理由についての記事も興味深いです。

マイクロケラトームは、刃物である眼球専用カンナを使用し、フェムトセカンドレーザーはコンピュータ制御のレーザーを照射しておこないます。
フェムトセカンドレーザーには、更に5つの種類があります。

その後は両方同じく、フラップをめくって表出した、角膜実質層にエキシマレーザーを照射し一部を蒸発させて角膜の曲率を変更、フラップを元に戻します。
コンピュータ制御のレーザーを照射によりフラップを作るフェムトセカンドレーザーは、以下の種類があります。

・イントラレーシック…フェムトセカンドレーザーを開発したイントラレース社が開発。
フェムトセカンドレーザーと同義

・ウェーブフロントレーシック…ウェーブフロントアナライザーという機器を使用。
角膜や水晶体の解析をおおこない角膜の形状異常に対しガイドをおこなう。

・アイレーシック…ウェイブスキャンという機器を使用。
オーダーメイドの照射ができる。
他の手術と組み合わせてオプションとして使う

・エピレーシック…エピケラトームという機器を使用する。
表面照射という術で、角膜上皮のみの薄いフラップを作成。
角膜上皮は再生するため、強い眼の衝撃でもずれない。
欠点は角膜の混濁が現れる可能性が高い

・ラセック…エピレーシックと同じく、角膜上皮のみの薄いフラップを作成

他に、エピレーシックやラセックに近いフラップを作らない、フラップレス・レーシックやPRKというレーザー角膜切除屈折手術などがあります。
フラップレスやPRKは、フラップを作らないため、角膜に衝撃を受ける確率が高いスポーツ選手などに向いています。
レーシック手術にかかる費用と注意点はこちらをご覧ください。