視力

レーシックは保険が使える?

近視、乱視、遠視、老眼などは日常で困りますが、コンタクトレンズや眼鏡で補えるため、病気とみなされません。
そのためレーシック手術は自由診療となり、社会保険、健康保険は適用されず、全額自己負担になります。

保険の面で国からの補助はありませんが、税制での救済があります。
10万円を超えた場合、医療費控除が受けられることがあるので、お住まいの地域の税務署に問い合わせてください。

保険会社の生命保険、医療保険にご加入でしょうか?
生命保険、医療保険の中には、レーシック手術が手術給付金の対象となっている場合があります。
給付金額は、手術に対して3万~20万まで、幅広いようです。
通院前に保険会社に問い合わせてみてください。

お問い合わせ時は、「レーザー角膜屈折矯正手術」とレーシック手術の正式名称をお伝えください。
給付時は、診断書も必要になります。
なお、新規での保険会社との契約には、レーシック手術が除外されている場合がほとんどです。
レーシックの費用についてはこちらを参考にしてください。


また、レーシックには対象年齢があります。ご確認ください。