視力

レーシックの手術費用

レーシック手術は自由診療なので、価格にばらつきがあります。

ばらつきの原因ですが、まず使われる機器の面です。
機器は日々進歩しています。
機器や機材を最新のものに多く投資すればコストがかかります。
手術をおこなう人が多ければ、機器のコストの回収も早いので、手術費を安くすませられます。

そのため、受診者が多く競争率も高い東京や大阪などの都市部では両目で12万から25万が相場となっています。
都心以外では、両眼で40万から60万円前後が多いようです。
ただし、安すぎる場合は注意してください。
失敗例についてこちらのレーシックの後遺症のサイトに載っています。

マイクロケラトームの先にある刃物は本来使い捨てで、1万から2万します。
両目をおこなえば、刃だけで4万かかることになります。
過去使いまわしをして多数の角膜感染症を出した病院があります。

術具の滅菌方法も関係あります。
マイクロ鑷子というピンセットや、スパーテルという極少のヘラはガス滅菌が原則で、水蒸気による消毒では、真菌やウィルスが死滅しないことがあります。

機器以外にも費用の差がでる項目があります。
手術費以外にもチェックしていただきたいポイントが、以下の項目がどの程度ふくまれているかです。

・適応検査、手術前検査、手術後検査、定期検診費用、保障期間
・目薬などの薬剤費

定期検診は、費用に含まれていることもありますが、翌日検診から1年後検診まで幅が広いです。
その他、地価や広告費なども料金に反映されます。
医院の方針など、いくらも要因がかかわり、安ければ悪い、高ければ良い診療が受けられると金額面だけで判断するのは危険です。

一括で払えない場合、分割払いをおこなっている医院もあります。
時期や会員になることで、割引キャンペーンを受けられることもあります。
キャンペーン情報なども調べてみましょう。

手術に踏み切る前に、適応検査だけ受けてみみるには、3000円から5000円程度が相場です。
疑問が残らないよう初診時に詳細に説明を受けてください。

また、少しでも安く済ませるためには、ご自身が加入している生命保険や医療保険、税制で補填される医療控除なども各種保険会社、税務署に問い合わせてみましょう。
こちらにもっとより詳しくレーシックの費用について掲載されています。