視力

レーシック手術とは

日常において、眼鏡の着用や、コンタクトを入れる作業は、意外とわずらわしいものです。
裸眼で暮らせる人が羨ましくなってしまうこともあります。

レーシック手術は、眼鏡さん、コンタクトさんには嬉しい、裸眼で暮らせるという夢のような手術です。
レーシック手術の成功率比較や体験談などのサイトがありますので参考にしてください。

角膜屈折矯正手術の一種で角膜にレザーを照射して角膜の曲率を変えて視力を矯正します。
目に、レーザーというと恐い感じもしますが、痛みもほとんどありません。

レーシックの手術の方法は、大別してフラップを作る方法と、フラップを作らないフラップレス・レーシックという方法があります。
普通レーシックといえば、フラップを作る方法をいいます。

レーシック手術は、目の表面の角膜を薄くスライスして、フラップという蓋を作り、
その後フラップをめくって表出した、角膜実質層にエキシマレーザーというレーザーを照射し一部を蒸発させて角膜の曲率を変更、フラップを元に戻します。

エキシマレーザーの光は、熱がなく、波長が短いため、正確で安全に角膜の一部を除去できます。
熱と衝撃波がないため、熱に弱い角膜に悪影響を与えず手術をおこなえ、回復も早いです。
発癌性がないことも確認されています。
エキシマレーザーを使用するレーシック手術は、1990年にギリシャで初めておこなわれ、アメリカでは1995年に認可、日本では2000年に厚生省によって認可されています。

手術後、ほぼ1日で矯正されます。入院の必要もありません。
ほとんどの人が視力1.0以上に回復します。
ただし、元々の視力や、角膜の厚みによって、1.0を得られない場合もあります。
1.0は目安と思ったほうが良いでしょう。

視力が安定するには人によりますが、概ね1週間から1か月程度で、治療期間は1年ほどかかります。
レーシックについてこちらもご覧ください。